不定期雑記

不定期更新中



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶のカレン

新刊を買いました!
まだ発売されたばかりなのでネタばれは避けたいところですが…、ひとつだけ。

ゾンビ1号2号がいなーい!!!
いや、シェラ大好きっこなので、シェラが出てればいいんですけど。

追憶のカレン (C・NovelsFantasia か 1-50 クラッシュ・ブレイズ)
追憶のカレン
(C・NovelsFantasia
か 1-50
クラッシュ・ブレイズ)
  • 発売元: 中央公論新社
  • 価格: ¥ 945
  • 発売日: 2008/11
スポンサーサイト

カンナ 飛鳥の光臨

高田さんの新刊がでておりまして、早速購入。
QEDじゃないんですよねー今回。でも鴨志田くんの弟であろう甲斐くんが出ているわけなんですけど。諏訪で記者を辞めて実家に帰ったはずの鴨志田くんが出てきていないということは、これはまたちょっと時間軸が昔になっているのかしら?
QEDは歴史の含蓄…一生懸命説明してくれるタタルさんの言葉を、ほへーっと聞いてる感じでしたけど、カンナの場合は主人公の甲斐くんも、パートナーっぽい貴湖ちゃんも、勉強しながらって感じなので…ちょっとレベル下がった雰囲気?いや、ありがたいかもだけど。
中途半端で話が終わってるので、続きが気になります…。
…でも早いとこQEDも読みたいんだけど、さ。
カンナ 飛鳥の光臨 (講談社ノベルス タS- 24)
カンナ 飛鳥の光臨
(講談社ノベルス タS- 24)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 945
  • 発売日: 2008/11/07

QED 諏訪の神霊

今月に入り新刊が出ていました。いやー、気付いていなくて(苦笑。慌てて相方くんに頼んで車を出してもらいました。夜遅くまでやっている本屋さんへ連れて行ってもらって、QED新刊ゲット!です。

今回の舞台は諏訪!諏訪ですよ諏訪!
御柱がでてきました。
途中で、わーっ宮川小学校!宮川小学校!と相方くんに騒いでしまいました(苦笑。
いや、文字だけなんですけど(苦笑。

中身は…えーとね、また何度か読まないと把握しきれないです、含蓄部分(苦笑。
QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス タS- 22)
QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス タS- 22)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2008/01/11

本日の図書館めぐり

図書館めぐりをやっておりました。
いや、用事があった帰りに別の図書館まで行ってみただけなんだけど。お昼前にいつもの病院に行った帰りに、いつもの図書館で二冊。上海迷宮とイタリア幻想曲。
それからのんびりとドライブがてらお買い物に行って、その帰りに別の図書館へ。
そこでは鳥取雛送り殺人事件、鞆の浦殺人事件、上野谷中殺人事件、高千穂伝説殺人事件、鐘。
それから中村俊介さん絡みでまた読みたくなった天国への階段。このドラマから注目するようになったんだよねー(苦笑。
さ、読書モードに切り替えますか。

読書日

昨日は久しぶりに最寄の図書館へ行ったので、そこで借りてきた本の話でも。

図書館というと、個人的には「口」のなかに「ト」と書きたくなってしまうのですが…まぁこれは短大時代の名残でしょうねぇ。未だに図書館司書の職を探してますが、採用された例なし。うーん、狭き門。

あ、で。借りてきた本はといえば。
浅見光彦シリーズを4作ほど。
今現在何作でているのかわかりませんが、大量なので買い集めるだけの財力はないのです。ただでさえ相棒でお金が…というのに。ま、しゃーないですな。
とはいっても内田先生の作品は、割合と好きなのですよね。ただ浅見さんのは買わない…というか。竹村警部のシリーズは逆に全部買っているのです。デビュー作の死者の木霊、これなんて地元だしね、舞台。浅見さんより竹村警部の方が好きなのかもしれないくらい。

借りてきたのは以下。
贄門島上下巻
志摩半島殺人事件
小樽殺人事件
中央構造帯
さっき贄門島を読み終わって、残すところ中央構造帯のみになりました。これハードカバーで借りてきちゃったので後回しにしてたんです。
浅見さん、読んでると最近じゃ中村俊介さんに脳内変換されるくらいになりました。昔は榎木孝明さんだったんですけどねー、脳内変換。慣れっていうのもあるでしょうし、個人的好みもあるんでしょうけど…、私の頭の中では俊介さんが浅見さんでよかったなーと思っているのです。

志摩も小樽も千葉房総も、個人的にはあまり馴染みのない土地の話だったので、地図を見ながらの読書になりました(苦笑。場所が大体のイメージでしかわからない…。これが地元とか、一度でも訪れたことのある場所ならば「あー、あの辺?」とか考えて読めるんでしょうけれど。
ここに書いているのはこの本を読んだ、という備忘録代わりでもあるので、またフジやTBSでドラマ化される頃に読み返し、なんてことになりそうな気もします(でもかなりな量のシリーズなので、今読んだ本がドラマ化されるかどうかもわかりませんけどね)。

 | HOME |  »

カウンター



お気に入りBlog!





最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


the gospellers


プロフィール

  • Author:奏
  • 浅香・おさかな。も昔は使用。
    [mixi]登録名は椎野奏。
    マイミク大歓迎。
    どんどんメッセージくださいな。

    役者・ドラマ・演劇好き。
    居住地が5年以上
    固定したことがない放浪体質?
    といいつつも今度ばかりは
    居場所固定になりそうですよ?

    時々過去の日記を追加してたりします。こっそりと(ぉ。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。