不定期雑記

不定期更新中



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の図書館めぐり

図書館めぐりをやっておりました。
いや、用事があった帰りに別の図書館まで行ってみただけなんだけど。お昼前にいつもの病院に行った帰りに、いつもの図書館で二冊。上海迷宮とイタリア幻想曲。
それからのんびりとドライブがてらお買い物に行って、その帰りに別の図書館へ。
そこでは鳥取雛送り殺人事件、鞆の浦殺人事件、上野谷中殺人事件、高千穂伝説殺人事件、鐘。
それから中村俊介さん絡みでまた読みたくなった天国への階段。このドラマから注目するようになったんだよねー(苦笑。
さ、読書モードに切り替えますか。
スポンサーサイト

読書日

昨日は久しぶりに最寄の図書館へ行ったので、そこで借りてきた本の話でも。

図書館というと、個人的には「口」のなかに「ト」と書きたくなってしまうのですが…まぁこれは短大時代の名残でしょうねぇ。未だに図書館司書の職を探してますが、採用された例なし。うーん、狭き門。

あ、で。借りてきた本はといえば。
浅見光彦シリーズを4作ほど。
今現在何作でているのかわかりませんが、大量なので買い集めるだけの財力はないのです。ただでさえ相棒でお金が…というのに。ま、しゃーないですな。
とはいっても内田先生の作品は、割合と好きなのですよね。ただ浅見さんのは買わない…というか。竹村警部のシリーズは逆に全部買っているのです。デビュー作の死者の木霊、これなんて地元だしね、舞台。浅見さんより竹村警部の方が好きなのかもしれないくらい。

借りてきたのは以下。
贄門島上下巻
志摩半島殺人事件
小樽殺人事件
中央構造帯
さっき贄門島を読み終わって、残すところ中央構造帯のみになりました。これハードカバーで借りてきちゃったので後回しにしてたんです。
浅見さん、読んでると最近じゃ中村俊介さんに脳内変換されるくらいになりました。昔は榎木孝明さんだったんですけどねー、脳内変換。慣れっていうのもあるでしょうし、個人的好みもあるんでしょうけど…、私の頭の中では俊介さんが浅見さんでよかったなーと思っているのです。

志摩も小樽も千葉房総も、個人的にはあまり馴染みのない土地の話だったので、地図を見ながらの読書になりました(苦笑。場所が大体のイメージでしかわからない…。これが地元とか、一度でも訪れたことのある場所ならば「あー、あの辺?」とか考えて読めるんでしょうけれど。
ここに書いているのはこの本を読んだ、という備忘録代わりでもあるので、またフジやTBSでドラマ化される頃に読み返し、なんてことになりそうな気もします(でもかなりな量のシリーズなので、今読んだ本がドラマ化されるかどうかもわかりませんけどね)。

浅見さんシリーズ

今日の浅見さんはTBSなので沢村一樹さんですね。辰巳琢郎さんからバトンを渡されたシリーズでしたっけ、TBSは。で、今日の話は漂泊の楽人。再放送の水谷豊さんバージョンで見たことがあるやつだったりします。黒木瞳さんがヒロイン役でした。
調べてみたら、水谷さんverはタイトルが違うんですね。越後路殺人事件になってました。
んでもってフジ系の榎木孝明さんverでも藤谷美紀嬢ヒロインで、制作されてたんですねー。これも見たことがあるような気がしますよ?あんまり覚えてないけど…。水谷さんverを見たときに話に覚えがあったもんな。見てるんだろな。
今回は星野真里嬢がヒロインだそうです。ふーむ。録画するほどではないけど、見ないとなぁ。

月末にはフジ系中村俊介さんverで竹人形殺人事件がオンエアされる予定みたい。こっちは録画しようかなぁと思ってます。中村さん最近露出少ない割に好き度あがってるんですよねー。で、その中村俊介さん。来年1月にも浅見シリーズの新作が放映予定(しかも2作品もらしい?)だそうで、浅見光彦を一番多く演じた役者さんになるんだそうです。すごいなーっ。
榎木さんの浅見さんが一番好きだったんですが、最近は中村俊介さんの方が個人的にはイメージにはまってきちゃってるんですよ。やさしそうな、押しに弱そうなところが(苦笑。
まぁ榎木さんがお兄ちゃんになってるところもポイント高いんですけど(笑。
水谷豊さんも浅見さんをやってましたけど、それは私としては、実はあまり…なんですよね(^^;;。水谷さん好きなくせにねー(--;;。
ま、なんにしろ今月は浅見シリーズ2作品も見られるということで!よいことだよいことだ(笑。

[act] 信濃のコロンボ

作品としては浅見光彦が有名な作家、内田康夫さん。内田さんの最初の作品は「信濃のコロンボ」竹村警部の死者の木霊という小説です。シリーズ名の通り長野県が舞台なので。私にとっては浅見光彦よりは竹村警部のほうが触手が動くんですよねぇこれがまた。
でも作品数としては浅見くんが圧倒的なわけで、最近は竹村警部…全然出てこないような?ま、しょうがないか。

つーわけで、録画して見ました。中村梅雀さんがいい味だしてるんですね、ドラマでは。今回は杜の都を竹村警部バージョン?にしたようです。原作読んだことないから小説での警察が竹村警部かどうかがわからない(苦笑。

久しぶりに見る野村宏伸さんとか。松田くんが死んじゃう役だったりとか。つっこみどころが満載だったりしますが…それなりにおもしろかったです。

ちなみに、古本しんのすが出てきたのが一番のツボでした(ぉ。

[act] 浅見くん友人役。

浅見くんの新作が放映されました~。今回は田中実氏が浅見くんのお友達!役で出演とのことで…。今まで、浅見くんにお友達ってあまり出てきたことないんじゃないかしら?というわけで、ビデオにまで録っちゃいました(スマスマも見たかっただけだったりします)。

いやぁ~、背の高い二人組だった(笑。刑事さん役のひとがちょっと低めの人だったから、三人が画面に映るともう、デカいの二人で画面占めてるの。

そして今回ヒロインは黒川智花嬢。…浅見さん、TBS系なので沢村一樹さんなんですけど。彼女ヒロインにしちゃうと、父と娘に見えちゃってしょーがないんですけど(苦笑。(雨と夢のあとに)雨だ雨だ~って、騒いでいたら。相方くんに呆れられてしまいました。ま、そうでしょうね。でぇも、娘とパパとのキスシーンなんて見ちゃった日には…(まだいうか。

 | HOME | 

カウンター



お気に入りBlog!





最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


the gospellers


プロフィール

  • Author:奏
  • 浅香・おさかな。も昔は使用。
    [mixi]登録名は椎野奏。
    マイミク大歓迎。
    どんどんメッセージくださいな。

    役者・ドラマ・演劇好き。
    居住地が5年以上
    固定したことがない放浪体質?
    といいつつも今度ばかりは
    居場所固定になりそうですよ?

    時々過去の日記を追加してたりします。こっそりと(ぉ。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。